騙されないように探偵事務所を選ぼう!

>

探偵と興信所の違い

探偵と興信所の歴史

まず「探偵」は「岩井三郎」という刑事を退官した人が、自身のスキルを利用しつつ、尾行や聞き込み、張り込みなどを行ったことがルーツだと考えられています。そして刑事であった岩井は調査対象に身分がバレないように、その捜査方法を活かしながら、さまざまな調査を行ってきました。
このように探偵は浮気調査などを時間と手間をかけて徹底的に調べているのです。

次は「興信所」のルーツについては、明治維新後の商工業が盛んになり、企業の間で取引が需要となることが増えてきました。そしてこれをきっかけに当時の日本銀行理事の外山修三が「商業興信所」を設立し、初めての興信所を誕生させたのです。また設立の経緯からも分かるように、企業に対する調査が当時の大きな使命だったかもしれません。

現在はどうなの?

探偵と興信所の違いを歴史から見ていくと、2つとも大きな特徴や違いがあったと思います。

しかし現在では、探偵も興信所も同じ業務を行うようになり、いずれにしても昔の違いはなくなりました。そして探偵と興信所は共に守秘義務を厳守しているため、共に調査にて知り得た情報や依頼者から提供していただいた情報は、特別な事情がない限りは第三者に漏らすことはありません。
さらに「総合探偵社」や「総合興信所」として、2つの業務を行う調査会社が多いようです。

いかがでしたでしょうか。双方の明確な違いについて疑問に思う方も中にはいたと思います。今は区別することが減った探偵と興信所ですが、成り立ちや特徴の違いを少しでも覚えておくといいでしょう。



TOPへ戻る