教材マスター | 英会話学習をするならそろえておきたいアイテム

めざせ!英会話マスター

1つのものを極める

面倒くさがりな方、やる気がでない方へ

面倒くさがりな方、やる気がでない方は、勉強をする、という行為が嫌いで仕方ないと思います。
そういった方々には、英語文法やらが書かれている教材があったとしても意味が無いと思うので、別の教材を考えてみました。
その教材は、ずばり洋楽と洋画です。
ただし、洋楽も洋画も、和訳を見ながら、少し意識して聴いてそして見てください。
注意深く聞いていると、英語のスラングや、よく使われている言葉を理解できるようになります。
こうすることによって、苦痛を最大限減らしながら、英会話の勉強もできるという作戦です。
英会話はしてみたいが、それほど積極的に勉強する気もなく、ほどほどできればいいと考えている人は、ぜひ試してみてください。

勉強する気がとまらない方、凝り性な方へ

勉強する気が溢れてとまらない方、凝り性な方へおすすめするアイテムは、日常会話でよく使われる例文が、たくさん載っている教材です。
ここで重要なポイントは、教材は、その本1冊だけしか買わない、使わないということにあります。
そういった本は、その本の中の内容をすべて理解できたならマスターできるように作られているので、他の教材に手を出す必要がないのです。
その1冊を極めてください。

英会話の勉強をするときに文法から学びにいく人がいますが、それは別に後回しでも問題ないと思っています。
いかに文法を理解していても、普段の会話のスピードに単語の組立てが追いつくかというと、難しいので先に例文を覚えてしまうことをおすすめします。


この記事をシェアする