書いて覚える英会話 | 英会話学習をするならそろえておきたいアイテム

めざせ!英会話マスター

なにをするにも形から

赤と青

皆さんは、暗記するときどうしていましたか?
人によって様々かもしれませんが、私は断然書く派でした。
見るだけでは到底覚えられなかったので、仕方なく書いて覚えていましたが、工夫をしていたことをお教えします。

まず最初に、暗記するときは青ペンを使用していました。
ある研究によると、青は気持ちを落ち着ける効果があり、リラックスして書けるらしく、他の色で書くよりも記憶力が上がるとのことです。

その次に、赤シートです。
シートをかざすと、赤で書いた文字が消えるというアレです。
やったことが無い人のほうが珍しいのではないでしょうか。
青ペンを使って大体覚えた後は、赤ペンを使って記憶の定着を確認していました。
青ペンと赤シートのコンビは相性抜群です!

暗記カードとマーカー

暗記カードをご存知でしょうか。
地方によって呼び名が変わるかも知れませんが、小さな紙片に穴が開いており、その穴にリングを通してパラパラとめくるヤツです。
私もよく利用していました。
覚えてしまった単語は外しておけば良いですし、効率的に自分の苦手単語を覚えることができました。
また手軽にどこへでも持ち運べますし、基本的にはどこの雑貨店にも置いてありしかも低価格なので、便利だと思います。

また、マーカーも持っておきたいアイテムの1つだと思います。
マーカーの引きすぎや、乱用はかえって見にくくなるだけですが、適当な場所に色を決めて塗ることで、その部分を印象強くさせて覚えやすくなります。
重要なところはピンク、間違えやすいところはイエロー、ポイントはグリーンなど、工夫してみて下さい。


この記事をシェアする