英会話学習をするならそろえておきたいアイテム

めざせ!英会話マスター

英語苦手意識克服

英会話。 この単語に対して、苦手意識を持っている方は、少なからずいると思います。 調べてみたところ、どうやら世界的に見ても、日本人は英語に対して敬遠しがちの傾向があるようです。 このページを見ることで、英会話学習が案外簡単であることを知ってもらい、おすすめのアイテムを準備していただけたら嬉しいです。

続きを読む

耳で聞いて、口に出すの巻

英会話をするにあたって、1番重要なことは文法でもなく例文でもなく、結局のところは気持ちです。
たとえ間違った英語であろうとも、単語がわからなくても、伝わるように努力をすれば大抵は通じます。
身振り手振りや、絵を描いたり、真似をしてみたり、英語以外にもコミュ二ケーションをとる方法はいくらでもあります。
ですが、気持ちだけでは通らないことがもちろんあるので、勉強をしましょう。
英会話勉強を本当にしたいなら、最低限の文法を覚えておけば問題ありません。
それよりも、単語と例文を覚えることを強く勧めます。
単語さえわかれば大丈夫ではないかと考える人がいるかも知れませんが、片言の単語だけを話したところで、会話と呼べないのではないかと考えています。
いくら英語を話せないからといっても、片言だけで、相手を巻き込んで会話するのは少し気が引けませんか?
それに例文を完璧に覚えておけば、完成された文を読むだけであり、言葉に詰まることなくすらすら喋れるので、こころに余裕が生まれ、向こう側の話にもより耳を傾けられるようになると思います。
そもそも、最初から完璧に話そうとすること自体が間違っているのでしょう。
いままでずっと慣れ親しんできた日本語さえも危うい場面があるのに、どうして英語がしっかりできるでしょうか。
その意識を持てば、今までよりは英会話のハードルが下がったと感じられると思います。
ペンやカードなどを紹介していますが、本当に大切なアイテムは、英語を恐れない心でしょうね。

なにをするにも形から

なにをするにも形から入る人はいませんか? 少なくとも私はそうです。 道具を揃えることで、モチベーションを高めてから取り組むのが目的です。 また、モチベーションが下がらないようにする働きもあります。 特に、よく使う筆記用具であればその効果は絶大です。 形から入ってみませんか?

続きを読む

1つのものを極める

どんなことであろうと、1つのことに集中したり、極めるということはすごいことで、重要なことです。 スポーツのプロでも、料理のプロでも、掃除のプロでもです。 学習をする際も例外ではなく、1つの教材を極めるという行為が重要になってきます。 打ち込める、自分にあった教材を探しましょう。

続きを読む